giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

有名でありながら、まだまだ日本では理解されていない「キアンティー」について、鋭い視点と勝手な主観を交えて、私giorgio(ジョルジョ)が探索する気まぐれブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

●PICCINI CHIANTI 2009

CAZD6LTO.jpg

先日、買い物に行ったイトーヨーカドーで何となく買ったワイン。
よく見るのですが、口にするのは初めて。
成城石井さんの輸入で、1300円くらいだったかな。。

なんと、ワイナリーが在るのはCASTELLINA IN CHIANTI
ということは、キアンティクラシコの生産者でもあるわけですね。
飲んだ印象は、可も無く不可も無く。
奥行きや、複雑さはありませんが、冷やして飲んだら、それなりに
いけますよ!

まあ、、、それ以上のことを期待してはいけませんけどね。
良いキアンティとは。。。
飲み易い事かもしれないなあ。。。。

CHIANTI 2009 PICCINI
スポンサーサイト
  1. 2011/10/17(月) 18:58:46|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHIANTI VS CHIANTI

昨年はほとんど自分では飲めなかったSANGERVASIOのキアンティ。
輸入元では、ノヴェッロのようにお客様が待って下さっているようで、
「今年のできはどうかな?」なんて言いながら楽しんでくれているようです。

さて、そんなサンジェルヴァジオのキアンティ、
「日本に入っているキアンティでは敵無しだなぁ。。。」なんて
軽はずみな事を言っていたところ、三鷹Storiesからのメール。
キアンティを2種類空けているので飲み比べに来てくださ~い。

軽いノリで行って見ると、

CAH1NA1S.jpg

お~。なるほど。
面白い2本が開いていました。

・CHIANTI 2009 SANGERVASIO
・CHIANTI 2006 POLIZIANO

サンジェルヴァジオのキアンティ、冷やし気味での提供がまた絶妙で、
抜群に美味しかったです。
そして、ポリッツィアーノのほうも素晴らしい。
2006のキアンティなんてもう売ってないだろうけど、
程よく丸くなっていて、チャーミングでした。

ん~。キアンティー侮れません!
  1. 2011/05/20(金) 20:35:33|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHIANTI 2007 SARDELLI

sardelli.jpg

CHIANTI 2007 SARDELLI

仲間内と、ビアホールに行ったときに何気なく頼んだ(頼んでしまった?)キアンティ
いかにも、元祖キアンティな感じでした。
き~んと冷やして召し上がれ!

しかしボトルにCastellina in Chiantiって書いてあったけど、本当かなあ・・・
  1. 2009/10/14(水) 20:42:29|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SELVAPIANA  & RICASORI

さて、久々の更新です。
大阪で呑んだこの2本。


2009022401500000.jpg
CHIANTI RUFINA RISERVA BUCERCHIALE 2004 SELVAPIANA

2009022401510000.jpg

CHIANTI CLASSICO RISERVA ROCCA GUICCIARDA  2005 BARONE RICASOLI 

どちらもそれぞれのエリア(ルフィーナ&ガイオーレ)を代表するワイナリー。
さらに蔵を代表する2本ですね。
それゆえか。。。やはりまだ樽のビターが強すぎて、良くわからない印象でした。
ブチェルキアーレの方が酸の伸びがあったかな?
これはビンテージの特徴かもしれませんね。


  1. 2009/03/06(金) 20:33:51|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■最近飲んだキアンティたち。

更新もまばらですが、最近飲んだ「やっぱりキアンティ」なワインたち。

2008111321520000.jpg
CASTELLO DI CACCHIANO "RF" 1995 IGT トスカーナ

キアンティークラシコの名門リカゾリ家の従兄弟筋にあたる、リカゾリ・フィルドルフィ家の
カッキアーノが造るIGT。サンジョヴェーゼにメルロがブレンドされております。
当時ではモダンな印象のワインですが、程よく熟成した今は、クラシカルなキアンティクラシコ
の味わいです。果実の甘さも残っており、さらに鉄分の印象が、上質キアンティの象徴かな?


LEONARDO.jpg

CHIANTI  LEONARDO 2003 CANTINA LEONARDO

レオナルド・ダ・ヴィンチの故郷であるヴィンチ村のワイン。その名もキアンティ・レオナルド。
やはり、キアンティーなので、それほどしっかりしていたワインではないのだが、
抽出が強いのと、樽香が鼻に付く感じ。
もう少し酸を残して、スレンダーにしたほうがこのワインは良いと思う。


RANCIA.jpg

CHIANTI CLASSICO RISERVA RANCIA 1994 FERSINA BERARDENGA

こちらはおなじみランチアの1994年。 抜栓後2日経っているにもかかわらず、
かなり良い状態。熟成ワインという印象よりも、まだまだ現役な感じ。
このころのランチアは気合が入ってい旨いんだけどなぁ~!!
  1. 2008/11/28(金) 16:20:38|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

じょるじょ

Author:じょるじょ
東京都在住
仕事でもプライベートでも、こよなくキアンティーを愛する。しかし反面、やる気の無い大量生産のキアンティーには警鐘を鳴らしていく!?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。