giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

有名でありながら、まだまだ日本では理解されていない「キアンティー」について、鋭い視点と勝手な主観を交えて、私giorgio(ジョルジョ)が探索する気まぐれブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lamoredi Lamore & POGGIOPIANO

CHIANTICLASSICO 「LAMORE DI LAMORE」2003 VILLA VISTARENNI

「愛情の中の愛情」というキアンティークラシコ。ん~僕にはちょっと愛情が感じられませんでした。可も無く不可も無く・・・・中庸なキアンティー。
2003年のわりに、ブドウの熟した感じは感じられず、冷やして夏場に飲む感じでしょうか? ちなみに品質的には問題無いワインです。
                       (GAIOLE IN CHIANTI)


200703280035000.jpg


CHIANTICLASSICO 2003 POGGIOPIANO

ポッジョピアーノは93年設立の新しいワイナリー。IGTのロッソディセーラが
世界中で人気を呈したのは記憶に新しいところ。
この2003年も非常にパワフルなワインで、モダンなキアンティーを代表するワインだと思う。あと数年後に飲むと、パワフルの中にもしなやかさが出てくるんだろうなあ!          (SANCASCIANO IN VAL DI PESA)



200703280038000.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 21:35:41|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜島

私用で、鹿児島に行ってきました。
最近、噴火活動が大人しい桜島ですが、数日前に小さな噴火が
あったらしく、噴煙が目視でも確認できました。
桜島は日本の火山の中でも最もエネルギーが強いそうです。
地球は活きているんだな~ と実感しました。

鹿児島といえば芋焼酎。どこの店でも徹底して地元の芋焼酎を
飲み続けるスタンス。今の日本の中で、ここまで地元の酒に
愛着があるのは、鹿児島の芋焼酎と、沖縄の泡盛くらいじゃないですか?
トスカーナに住む人がトスカーナのワインしか飲まない感覚と
非常に近いですよね。 ん~!やはりお酒は文化です。

sakurajima

  1. 2007/03/23(金) 14:59:01|
  2. おまけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ROCCA DI MONTEGROSSI

CHIANTI CLASSICO 2003 ROCCA DI MONTEGROSSI

あまり日本では見かけないブランド。とあるインポーターが
扱っているものを分けていただきました。
あじは?というと、非常に良い印象を受けました。
果実味、酸もしっかりとしてビンテージから来ると思われる
熟したベリーの甘さがキュートです。
ガイオーレ・イン・キアンティーで造るワインは、少し硬い
ワインが多いのですが、このワインは地域から来る硬さと、
猛暑の2003年がもたらした、ちょっと「果熟気味」なところの
バランスが良いのでしょうね。

ちなみにこの蔵の代表者の名前は
MARCO RICASOLI FIRIDOLFI さん
キアンティークラシコを牛耳っていると言っても過言ではない
リカゾリ家の一員のようです。
roccadimontegrossi

  1. 2007/03/19(月) 22:47:20|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CHIANTI RUFINA RENZO MASI

CHIANTI RUFINA 2004 RENZO MASI

キアンティーDOCGは、キアンティークラシコDOCGよりも更に広く、
ワインの種類も多いですが、その地区名を表記に入れられるエリアが存在します。
その一つが「CHIANTI RUFINA」フィレンツェの北に位置する
このエリアですが、いくつか著名なワインも存在します。
RENZO MASI社も、意欲的に新しいワインを産する事で知られており、世界にその名を知らしめています。
今日試飲したのはそのRENZO MASI社の基本ともなる
キアンティー・ルフィーナの通常版。


renzomasi


価格的にも安価なこのワインですが、状態の悪さがひしひしと伝わってくるワインでした。若いビンテージなのに、香りはダメ(よどんだ河川のような)で、
飲んでも果実味は見つからず、アフターの苦味が象徴的。
輸入元の管理が悪いのか、現地の管理が悪いのかはわかりませんが、
このワイナリーのワイン。現地で飲むと美味しいんですけどね~ 残念
  1. 2007/03/11(日) 17:17:42|
  2. CHIANTI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FATTORIA VALTELLINA

CHIANTI CLASSICO RISERVA 1998 FATTORIA VALTELLINA

非常に美味しかったです。まだまだ強さがあるワインですが、
酸の鋭さが非常に丸くなってきて、果実の甘さが非常に優しくなっています。
これは通常よりも熟成期間の長いリゼルヴァですが、あと10年は
持つ感じでしたね。まあ少し時間の経っているワインはボトル差を考慮しなければならないですが。。。このボトルは当たりですね。
(Gaiole in Chianti )
valtellina

  1. 2007/03/04(日) 20:15:00|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

じょるじょ

Author:じょるじょ
東京都在住
仕事でもプライベートでも、こよなくキアンティーを愛する。しかし反面、やる気の無い大量生産のキアンティーには警鐘を鳴らしていく!?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。