giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

有名でありながら、まだまだ日本では理解されていない「キアンティー」について、鋭い視点と勝手な主観を交えて、私giorgio(ジョルジョ)が探索する気まぐれブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Caparsino CHIANTICLASSICO RISERVA 2001Azienda Agricola Caparsa

Caparsino CHIANTICLASSICO RISERVA 2001
Azienda Agricola Caparsa (Radda in Chianti)

今日、お仕事を兼ねて寄ったのは、井の頭線「池ノ上」駅にある。
ワインバー 「the apartment」
かなり穴場です。
渋谷と下北沢の間。降りる人もまばらなこの街に。
深夜までワインとお料理が楽しめるお店があるんですね~。
折角なのでキアンティーを。

CAPARSINO.jpg


なかなかクラシカルですが、やや熟成の入り口に来ているようで
熟成サンジョベのイチゴの甘さがあります。パワーで押すワインではないですが、
こういうワインはお食事と合わせると効果的。。
そこで

pasta.jpg


子羊と牛蒡のラグーパスタ!!!

最高に美味しかったです。
勢い的には1本開けちゃうくらいです。1杯でやめておきましたが。


■お店のデータ
info02.jpg
the apartment
世田谷区代沢2-44-15-105
03-3413-1195
19:00~2:00LO
火曜定休

スポンサーサイト
  1. 2007/12/15(土) 17:23:09|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

OLIO NOVELLO

博多から帰る日の昼。福岡で最も好きなイタリアンの一つ
Perche No!? ペルケ・ノ にランチをしに行った。
当然、美味しいものを食べさせていただいたのだが、
マネージャー氏が重たそうに何かを運んでくる。
何これ?
perche.jpg


「今着いた、オリーヴオイルのノヴェッロです。」

なるほど、オリーヴオイルの一番絞り。
ベネト産の物とかで、なかなかさらっとしている印象。
香りも青さがふんわりと漂っていて、美味しかったです。

■お店のデータ
Perche No!?
福岡市中央区警固2-7-10
092-725-3579
ランチは土日のみ
月曜定休
  1. 2007/12/11(火) 13:37:22|
  2. レストラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は博多でキアンティーが好き!!

お仕事で博多入り。
私の第2の故郷だが、もう住んでいたのは4年前の話。
街の様子も随分と変わっています。

夜にお客様と伺ったのは、1年ほど前に出来たという
イタリアン「葡萄房」さん。
テーブル席のほかに、ゆったりとしたカウンターがあり、
ワインもイタリア中心のセレクト。
hakata.jpg


こんな風に、串焼きが出てきたり。地元の素材を活かして、
美味しいものを食べられるお店。
カルチナイアのキアンティーは2005年もよい出来で、かなりパワフル。
メインまで行けますね。

CHIANTICLASSICO 2005 SANFABIANO CALCINAIA(CASTELLINA IN CHIANTI)


■お店のデータ

葡萄房
福岡市中央区春吉3丁目24-4
K’s square1F
092-711-6660

18:00~2:00
18:00~24:00(日曜)
月曜定休
  1. 2007/12/11(火) 13:12:02|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

じょるじょ

Author:じょるじょ
東京都在住
仕事でもプライベートでも、こよなくキアンティーを愛する。しかし反面、やる気の無い大量生産のキアンティーには警鐘を鳴らしていく!?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。