giorgioのやっぱりキアンティーが好き!!

有名でありながら、まだまだ日本では理解されていない「キアンティー」について、鋭い視点と勝手な主観を交えて、私giorgio(ジョルジョ)が探索する気まぐれブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GALLO NERO in SAPPORO

IMG_4963.jpg

こちら、先日の札幌出張時に呂比須さんが飲ませてくれた貴重なワインです。

CHIANTICLASSICO “LE BARONCOLE”2000 SAN GIUSTO A RENTENNANO

なんというか、このワインを始めて見たときのことが一瞬思い出されましたね。
このビンテージはこのワインのファーストリリース。
そもそも、リリースされたときは、「このビンテージしか造られない」
くらいに思っていましたからね。
なぜなら、この年はペルカルロがリリースされず、さらに、キアンティクラシコリゼルヴァも
リリースされなかったのです。
その代わりに、この新しいキアンティクラシコ「BARONCOLE」がリリースされました。
もう8年ほど前のことで、私も今にも増して小僧でしたが、そんな状況でも
飲んだ瞬間に「オッ、このワインすげーな~~~」
と思った記憶があります。しかも、当時は3000円台で買えたと思います。

あまりに美味いので、色々な本で調べたのですが、どこにも載っていなく、
やっと、上記の特別なワインだと知ったのです。

この後のビンテージ(何年だったか忘れましたが・・・)から、
キアンティクラシコリゼルヴァを名乗るようになり、いつの間にか、
サンジュストのリゼルヴァ イコール レ・バロンコーレ
という事になっていますが、この2000年はリゼルヴァじゃないんですよね。

と言うわけで、久々のご対面。

エッジは少しオレンジ掛かっておりましたが、まだ中央は綺麗なルビー。
酸は柔らかくなり、トスカーナの良いワインの香りがしますね。
タンニンもやっと細かくなり始めて、アフターの心地よい甘みが気持ち良いです。

こういう雰囲気は、90年代のサンジョヴェーゼ特有のものだと思っておりましたが、
十分に良さが感じられました。

札幌に来ると、良いキアンティクラシコをいつも飲ませてもらっている気がしますね。
http://giorgiochianti.blog91.fc2.com/blog-entry-57.html

呂比須さん、いつも有難うございます!


さあ、皆さん今夜はキアンティクラシコの日。
どんなワインを飲みますか~!?
スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 21:11:19|
  2. CHIANTICLASSICO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ACC 第1回 | ホーム | ACC>>

コメント

お疲れさまでした

先日の四日間の営業お疲れさまでした。
実りある内容だった様でこちらとしても嬉しく思います。

さて、2000のバロンコーレ美味しかったですね。
美味しくて買い増ししたくらい。

数あるキアンティクラシコの造り手の中でも私の好きな一つです。

実は、もう一本あります。あと5年くらい寝かせてみると熟成香が漂い始めますかね。楽しみです。

その時は、是非ご一緒しましょう!

  1. 2011/05/17(火) 15:28:48 |
  2. URL |
  3. 呂比須 #PN3RCiSc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://giorgiochianti.blog91.fc2.com/tb.php/76-b54b289f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じょるじょ

Author:じょるじょ
東京都在住
仕事でもプライベートでも、こよなくキアンティーを愛する。しかし反面、やる気の無い大量生産のキアンティーには警鐘を鳴らしていく!?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。